日本スペイン外交関係樹立150周年記念認定事業

トレド・ジャパン・デイ 2018

日本とスペインンは、1868年11月12日に日本スペイン修好通商航海条約を締結して外交通商関係を樹立し、それ以来、友好関係を深めて来ました。両国は、この歴史的な出来事から150年目に当たる2018年を日本スペイン外交関係樹立150周年として祝い、両国間の交流や相互理解を促進し、友好関係の強化に資する事業が展開されます。

トレド・ジャパン・デイは、この150周年公式認定事業として10月に開催されます。

写真提供:スペイン政府観光局
写真提供:スペイン政府観光局

【開催概要】

◆開催期間:2018年10月6日(土)~7日(日)

◆開催都市:スペイン王国・トレド市

◆主  催:トレド・ジャパン・デイ2018実行委員会

◆事業認定:日本スペイン外交関係樹立150周年実行委員会

◆協  力:トレド市、一般社団法人日本原史文化研究協会

◆事務局: ワールドイベントリンク株式会社

<上演会場>テアトロ・デ・ロハス

 

トレド旧市街、大聖堂のとなりに位置するトレドを代表する市の劇場。1879年に完成し、4つのフロアーからなり472名を収容する。馬蹄形のスタイルにバルコニーを備え、19世紀スペインの伝統的なスタイル。天井画はギリシャ神話の詩神タレイアが描かれ、スペインを代表する作家の肖像画が飾られる。

<展示会場>パラシオ・デ・コングレス「エル・グレコ」

(予定)

 

トレド旧市街の中心ソコドベール広場の隣に位置する、切り立つ斜面に建てられた近代的設備を持つコングレス・センター。自然と調和した斬新な建物から眼下にタホ川の美しい景観が広がります。